赤ちゃんのオリゴ糖はよく選ぶことが大事

赤ちゃんにオリゴ糖を毎日与えても大丈夫なのかという疑問についてまとめています。

 

答えから先に言うと、
毎日与えても大丈夫なオリゴ糖と心配なオリゴ糖がある
ということになります。

 

では、その詳しい理由についてみていきましょう。

 

オリゴ糖は母乳にも含まれる成分

オリゴ糖自体はママのおっぱいにも含まれる成分で、お腹のビフィズス菌を増やしてくれる成分です。

 

甘味料というイメージがあるので、虫歯になるのでは?甘いものの摂りすぎは体に良くないのでは?と思ってしまいがちですが、オリゴ糖は砂糖と違い虫歯菌のエサにはなりませんし、むしろ腸内環境を整えて健康に役立つ栄養素です。

 

特に赤ちゃんでも便秘になることがありますが、下剤や浣腸をあまり使えない乳幼児には、お腹の調子を整えてやさしく便秘を解消してくれるオリゴ糖がピッタリです。

 

便秘の時に砂糖水を与えるという昔ながらの対処法がありますが、砂糖よりはオリゴ糖をミルクや湯さましに混ぜるのが一番です。

 

毎日与えてはいけない種類のオリゴ糖

オリゴ糖そのものは赤ちゃんに毎日与えても大丈夫ですが、オリゴ糖のシロップタイプのものについては注意が必要です。

 

というのも、シロップタイプ(液体)のオリゴ糖の中には、砂糖や食品添加物が含まれているものがあり、このようなタイプのものは毎日飲ませるのには向いていません。

 

またオリゴ糖の含まれる割合も20%から40%と低いので、効果の面でもあまり意味がありません。

 

一方、オリゴ糖の純度がほぼ100%なのは粉末タイプのオリゴ糖です。

 

このようなタイプのものは、純粋にオリゴ糖のみの作用を期待して安心して毎日飲ませることができます。

 

粉末タイプのオリゴ糖はドラッグストアでもあまり置かれていないので通販での購入となります。

 

以下に通販で購入できる赤ちゃん向けのオリゴ糖をピックアップしますので、ご参考にしてください。

 

赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖のランキング

赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖1位 カイテキオリゴ

赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖1位 カイテキオリゴの特色

カイテキオリゴの特色は、
・赤ちゃんも安心の天然原料100%
・純度がほぼ100%で虫歯も心配なし
・6種類のオリゴ糖をブレンドしスッキリ効果抜群
・赤ちゃんへの与え方についての相談も専任アドバイザーに気軽に尋ねられる
・返金保証付きなので合わない時も大丈夫
といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回1,419円(税別) 150g(約1ヶ月分) 赤ちゃん,オリゴ糖,毎日
原材料
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖、難消化性デキストリン、アカシア食物繊維
備考
定期コースの2回目以降は最大20%オフで2,270円(税別)。ただし3ヶ月以上継続が条件
赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖1位 カイテキオリゴの総評

安心の品質と効果で日本で一番売れているオリゴ糖です。赤ちゃんだけのための商品ではありませんが、赤ちゃんに飲ませている親御さんがとても多く、特に心配していた赤ちゃんの便秘が解消したとの喜びの声が驚くほどたくさん集まっています。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖2位 はぐくみオリゴ

赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖2位 はぐくみオリゴの特色
 

はぐくみオリゴの特色は、
・妊婦も赤ちゃんも飲めるやさしい効き目
・5種類の純度の高いオリゴ糖をブレンド
・完全無添加で安心
・10日間の返金保証つき
・定期コースなら初回半額で解約も自由
といった点があります。

価格 容量 評価
税込3,680円(送料300円) 150g(約1ヶ月分) 赤ちゃん,オリゴ糖,毎日
原材料
ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
備考
定期コースは初回1,840円(税込)。いつでも解約可
赤ちゃんに毎日与えるオリゴ糖2位 はぐくみオリゴの総評

カイテキオリゴとは異なった種類の5種類のオリゴ糖がブレンドされています。ビフィズス菌はその種類によってオリゴ糖との相性がありますから、幾つかのオリゴ糖を試してみるのも有効な方法です。

 

はぐくみオリゴの公式サイトはこちら

 

赤ちゃんに毎日飲ませたいカイテキオリゴ

カイテキオリゴのパッケージ

 

赤ちゃんのお腹の調子を元気にするために毎日飲ませたいオリゴ糖ですが、そのためには純度の高くて余計なものが混ざっていないオリゴ糖をえらびましょう。

 

この記事では純度の高い2つのオリゴ糖をご紹介しましたが、一番のおすすめはカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴは純度が高いだけではなく、EOS理論に基づいて最適にブレンドされています。

 

これが赤ちゃんの便秘の予防や解消に最適なのです。

 

実際にユーザーが書き込む公式掲示板には、赤ちゃんの便秘が解消したという喜びの声が驚くほどたくさん届いています。

 

安心と効果で選ぶならやはりカイテキオリゴがおすすめです。

 

公式サイトからは返金保証つきで申し込めますし、お得な料金プランも用意されていますから、チェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

おなかの善玉菌を活性化しよう

これから大きくなっていく子供にとってはいろんな栄養が全体として満たせる食事を三食しっかりと食べることが肝心です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、本来の体にとって必要な栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、自身の食べる量の程度を実感できるようにさせているようですが、いい方法だと思います。

 

子どもの脳というのは幼児期に大人の8割以上にも大きくなります。

 

 

以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知能をよく使い続けることで高いレベルのものに発展していきます。栄養学の観点ではビタミンB1とカルシウムが脳を鍛えていく上での中心となる成分です。さらには話題の成分であるDHA・EPAというのは脳内で情報の伝わり方を促進する効力があるとされています。体の中には多くの水分が血液や体液として蓄えられ、欠くことのできないものです。
ごく僅かの水だとしてもいろんな効能があり、大腸の動きを刺激し便秘予防に役立ったり、美肌効果があったり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、汗をかくことや尿を出すことを促進して毒素など不要分の排出につながります。

 

さらに疲労を感じた時やいら立つ時もそれを落ち着かせる効果も水にはあるのです。
ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルは体を成す成分であるともに、食物の消化吸収や老廃物の排出、身体エネルギー産生など生命活動をほどよく加減する役割を持っています。そして野菜には便秘を防ぎ、腸内をきれいに掃除してくれる食物繊維がたっぷりあるのです。このようなものは体内では作り出されませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。

 

最近の若者は背がスラッと高くて手足の長さもサーと長く、ちょっと前の人より魅力的なスタイルをしています。
この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに日本全体が寄せていったからです。

 

 

一方では、心筋梗塞や糖尿病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。さらに懸念されるのは小さい子の太りすぎや生活習慣による病気も急激に数を増している状況です。子どもがのどが渇いたという時には、ジュース類や麦茶ではなく水を飲ませるほうが優れています。
不必要なものが混入してないので、身体に吸収されやすいのです。
中でも起き掛けの1杯の水は、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃腸の消化のための準備が万全になります。

 

がぜん食欲がわいてきて、冷水のクールな感覚でシャキッと頭も冴えることになります。

 

 

 

お子さんに排便の習慣づけをさせ、その健康に対する意味を理解させるカギは、家でのしつけです。

 

 

朝の食事をちゃんと食べて、便意が生じたら我慢せずに排便する、そのパターンを習慣化しましょう。加えて、便通こそが日常の体調のレベルを知らせる警報であることを伝えていきましょう。いいウンチは、あまり臭くなくて、バナナ型ではじめはプッカリと浮いて、徐々に沈殿していく感じです。

 

海藻は野菜と同じぐらいにミネラルやビタミンなど身体に欠かせない成分を豊かに蓄積しています。さらに血液中の白血球を強力にし、有効成分がなどガンを含む生活習慣病を防ぎ、免疫力を上げるために非常に役立つ食材です。
海藻に含有される食物繊維は水に溶けやすい性質があります。

 

おなかの善玉菌を活性化して、大腸の蠕動運動をサポートし、ビタミンB群を生成を活性化するなど大切な作用があります。赤ちゃん オリゴ糖