毎日オリゴ糖記事一覧

血液や体液など人間の体の内部の水分は、重要な役目をしています。1杯だけの水でもその価値は貴重で、大腸の動きを刺激し便秘予防に役立ったり、しったとりした肌にする作用があったり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、汗をかくことや尿を出すことを促進して不要なものの排出を含む全身の代謝を良好にします。そして疲れやイライラに関してもそれを緩和する効果が水にあるのです。海藻には動脈硬化の防止や治療に効果の...

現代っ子は体格にも恵まれ身長も高く、手も足もヒューと長くて、古い時代の人より恰好が良いです。こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から肉などをよく食べる欧米食に生活がチェンジしてきたためです。その反面、高血糖や高脂血症などの昔ならあまり日本人には多くなかった病気が急増しています。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も格段に多くなってきている状態です。喉の渇きを訴えているような際は、清涼飲料水...

最近の若者は背がスラッと高くて手と足もかなりロングで、古い時代の人より恰好が良いです。この理由は炭水化物中心の日本的な食事メニューから肉をよく食べる欧米人の食習慣に好みが変化してきたことがあります。しかし、糖尿病やガンなど昔ならあまり日本人には多くなかった病気が急増しています。もっと心配なのは小児の生活習慣病・肥満も急激に数を増している状況です。海藻には野菜と同レベルのビタミン・ミネラルなどの健康...

眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスを軽減するのにも一役買っています。子どものケースではそれと共に脳の発達に関しても深い関係性を見出すことができます。だからこそ、よく眠ることというのは、成長段階の子供の脳が立派に出来上がるのにも重要なのです。仮に睡眠を妨げる深刻な要因があると、脳神経が十分に成熟しないという状況もありえます。小児に毎日のスッキリ習慣を習得させ、そのことの重要性を教えるの...

青汁にたくさん含有されるビタミンは、他の栄養素の代謝を支える、身体の生理作用がスムーズにいくようサポートするなどの役目があります。細胞の一つ一つに活力を与え、免疫システムを強化するために、いつも摂取する必要のある栄養です。パセリや大根などの野菜だったりマンゴーやパパイヤなどのフルーツから摂れるビタミンは免疫のカギである白血球の働きを強化します。眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスの緩和...

幼児期にはきちんとした生活のテンポを習慣づけましょう。夜遅くまで目を覚ましていると、起床時間も遅れてしまい、生活のリズムもずれていきます。それが自律神経のコントロールも乱して、成長する過程において、身体と心の平衡を崩すことも考えられます。幼い子の寝る時間として推奨されるのは、PM8時からAM6時までの10時間となります。このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。子どもたちの体を成長さ...

ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。全身の37兆以上の細胞を活性させ、病気への抵抗力を高めるのにすごく大事な任務を負っているのです。パセリや大根などの野菜だったりプルーンやブドウなどの果物の栄養のひとつであるビタミンは白血球のパワーを高めて免疫を向上させます。2歳から5歳ごろは生活に...

お子さんの身体を育てるのが食べ物です。食べ物があらわす効果は、薬以上の働きをすることがあります。子どもの普段よく食しているものが発育に少なからぬ影響を与えます。周りの成人、中でも親としては、その大切さを忘れないでいることが必要です。食べ物が病気知らずの身体づくりにも大きく役立ちますし、頭の発達にも深く関係します。喉の渇きを訴えているような際は、何かのドリンクより水をまずは与えてください。不要な成分...

喉の渇きを訴えているような際は、ジュース類や麦茶ではなく水を飲ませるほうが優れています。不要な成分が入ってないため、スーッとカラダに吸収されるのです。中でも起き掛けの1杯の水は、胃の中への刺激で交感神経が活性化し胃と腸の消化器としての仕事がスタンバイされます。食べたい欲が高まりますし、冷水のクールな感覚でスキッと眠たさもなくなるでしょう。海藻は血管の硬化の予防・改善に役立つ不飽和脂肪酸という種類の...

子供さんに日々のトイレタイムをしっかりとさせその大切さを認識させるために必要なのが、家庭でのコミュニケーションです。ブレックファーストをしっかり摂って、便意を感じたらトイレに座る、その流れを身に着けるようにサポートしましょう。また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナのような形状で最初は浮きますが、ゆっくりと沈着していく様...