1杯だけの水でもその価値は貴重

血液や体液など人間の体の内部の水分は、重要な役目をしています。1杯だけの水でもその価値は貴重で、大腸の動きを刺激し便秘予防に役立ったり、しったとりした肌にする作用があったり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、汗をかくことや尿を出すことを促進して不要なものの排出を含む全身の代謝を良好にします。そして疲れやイライラに関してもそれを緩和する効果が水にあるのです。

 

 

海藻には動脈硬化の防止や治療に効果のある不飽和脂肪酸という種類の脂を含みます。とりわけDHAの働きには注目です。
これは幼い子の知能の生育にプラスになると考えられている成分です。海藻にこれほどの栄養素が含有されるのは、海洋のエキスが凝縮され蓄積されているからです。

 

海藻を利用したサラダなどを日々テーブルに並べて、海のパワーで元気に過ごしましょう。

 

小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで大人の8割以上にも大きくなります。それからは訓練によって少しずつ発達し、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知能をよく使い続けることで高いレベルのものに発展していきます。栄養摂取においてはカルシウムやビタミンB1が脳機能にとって必須の栄養分です。また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にするように働きかけることが多く研究でわかりました。
海藻には野菜と同レベルのビタミン・ミネラルなどの健康に効果のある栄養を豊富に蓄積しています。

 

 

さらに血液中の白血球を強力にし、様々な生活習慣病になりにくい体をつくる成分を含み、免疫力を向上させるのにかなりおすすめの食品です。

 

 

 

海藻に含まれる食物繊維は水溶性です。腸内の乳酸菌などを増殖させて、大腸の動きを後押しして、疲労回復に欠かせないビタミンB群をどんどん合成させるなど重要な働きをしています。子どもがのどが渇いたという時には、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。不要な成分が入ってないため、細胞に吸収されるのが早いのです。

 

中でも起き掛けの1杯の水は、胃の中への刺激で交感神経が活性化し胃腸の消化のための準備が万全になります。

 

食欲が強くなっていき、冷水のクールな感覚でパッチリと目が覚めることでしょう。

 

 

 

子どもが便通のリズムを身に着けさせ、それが健康に与える影響を実感させるカギは、子供とのコミュニケーションです。
朝の食事をちゃんと食べて、便意が起きたときは便器に座る、このリズムを体得させましょう。
そうやって、日々のうんちの様子が身体の状態を伝える基準であることを理解させましょう。

 

 

 

理想的な便というのは、においもほとんどなくて、バナナに似たかたちでまずはプカプカ浮くものの、じわっと底に沈んでいくようなものです。

 

 

睡眠というのは悲しいことやつらいことを忘れさせたり、ストレスをなくすためにも大切な働きがあります。
小児については、プラスして脳と神経の発達面でとても大事な分野となります。

 

ですから、しっかりと睡眠時間を確保するのは、これから成長していく子どもの脳をしっかり作り上げる点でも大事なのです。もし睡眠バランスが狂うことが続くと、大脳がしっかりと発達しないという状況もありえます。

 

年中イライラしていたり、たいしたことないのに激怒する子らが増加傾向にあるようです。その背景としてストレスもあるとは思いますが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さともつながりがあります。

 

 

糖分を必要以上に摂ると低血糖症へとつながります。砂糖などは血糖値を急上昇させますが、それにストップをかけるため血糖値を下げるホルモンであるインスリンがたくさん分泌され低血糖の様々な症状につながります。