ストレスをなくすためにも大切な働き

子供さんに日々のトイレタイムをしっかりとさせその大切さを認識させるために必要なのが、家庭でのコミュニケーションです。

 

 

ブレックファーストをしっかり摂って、便意を感じたらトイレに座る、その流れを身に着けるようにサポートしましょう。また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。

 

 

 

目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナのような形状で最初は浮きますが、ゆっくりと沈着していく様子がみてとれます。
常にいら立ったり、ちょっとしたことでキレる子がますます多くなっていると感じています。もちろん現代社会特有のストレスもあると思いますが、食べ物、特に砂糖の過剰摂取からくることもあるようです。
糖分を摂取しぎると低血糖状態になります。

 

 

砂糖などは血糖値を急上昇させますが、それを防ごうとしてインスリンという膵臓から出されるホルモンが大量に分泌され低血糖症にさせます。
眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスをなくすためにも大切な働きがあります。子どものケースではそれと併せて大脳の成育についても大きく関係してきます。
そんな理由で、ぐっすりとよく寝ることは、以後に成育していく子供の脳が成熟に向かうために必須なのです。仮に睡眠を妨げる深刻な要因があると、大脳がしっかりと発達しないという状況もありえます。近年になって排便に問題を抱える子が急増しています。ウンチの出ていない子は、疲れていることが多かったり、集中力が途切れがちという状況が多くなるようです。

 

 

便秘がわかったら早めに解消してあげましょう。小児用の便秘薬や浣腸などがありますが、それは苦しくてしょうがない時の非常手段ぐらいの気持ちでいて使いすぎないことです。

 

 

 

なるだけ従来の排便力ですっきりできるように食事と生活習慣の両面から必要なことを備えてあげましょう。
子供の発育を支える柱が食物です。

 

 

食べ物が身体に与えるインパクトは、考えようによっては薬の効果をしのぎます。

 

子どもの普段よく食しているものが成長を左右する要因となることがあります。

 

 

近くの大人たち、特に両親は、その事の重大さを認識しておかなくてはなりません。食物は体の免疫力アップにも強力な役割を果たしますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。

 

海藻には動脈硬化の防止や治療に効果のある不飽和脂肪酸という脂質を含有します。中でもDHAについてはよく知られるところとなっています。

 

 

この成分は子供の脳の発育に役立つと言われている成分です。海藻に類い稀な成分がふくまれるのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。海藻をよく取り入れた食事をいつもたくさん食べて、海のエネルギーで健康な体を築きましょう。

 

 

 

青汁にたくさん含有されるビタミンは、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。無数の細胞にエネルギーを与え、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、いつも摂取する必要のある栄養です。ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルやオレンジやイチゴなどの果物の栄養のひとつであるビタミンは白血球の作用を向上させる効力のあることが証明されています。
幼い時期は生活習慣をしっかりさせましょう。

 

寝付くのが遅くなるほど、朝に起きる時間も遅くなるので、やがて生活時間もずれが大きくなっていきます。

 

 

 

それが自律神経のコントロールも乱して、年齢が上がるとともに、心と体の不具合が生じることもあります。幼児の頃の理想の睡眠時間は、夜は8時までに寝て、朝は6時起床という感じです。

 

この生活パターンを幼児期に完成することを目指しましょう。